イタチ駆除等の様々な害獣害虫駆除|脅威を排除しましょう

スズメバチ駆除の時期

男女の作業員

日本には固有種であるスズメバチという非常に危険な害虫が存在します。キイロスズメバチやオオスズメバチといったものが代表的ですが、どちらも攻撃的な性格で、特にオオスズメバチに関しては火も恐れないほど凶暴です。スズメバチによる死亡事故は毎年日本各地で発生しており注意が必要な害虫なのです。この危険なハチの巣を発見した際には早急にハチ駆除専門業者に依頼して退治してもらう必要があります。
ハチ駆除専門業者に依頼するタイミングとして、1月から6月の間が最も駆除費用を抑えることのできる時期となっています。スズメバチの女王蜂はこの時期に冬眠から目覚め巣作りを開始し繁殖します。その間は巣も小さくスズメバチの攻撃性も比較的に低いため駆除費用が安価で済むのです。7月から12月にかけては巣のサイズも大きくなりはじめ、秋口に入ると繁殖期のピークに突入しその攻撃性も最高となります。そのため、この時期に発生するスズメバチ被害は非常に多く、ハチ駆除専門業者にとっても駆除を行う際に危険が伴ってくるため駆除に掛かる費用が少しばかり高くなるのです。こういった点から考えて、1月から6月の間に家の軒下や屋根、倉庫等に巣を作り始めていないかチェックすることが大切となるのです。巣を放っておくことで、好奇心旺盛な子供が近づいてしまう可能性もでてきます。場合によっては取り返しのつかないことになるでしょう。早期によるハチ駆除専門業者への依頼は費用の削減に繋がるうえ被害を発生させないことにも繋がるのです。