イタチ駆除等の様々な害獣害虫駆除|脅威を排除しましょう

トコジラミによる経済被害

屋根裏

近年、日本ではトコジラミと呼ばれる害虫による被害が増加する傾向がみられます。このトコジラミという害虫は南京虫とも呼ばれ、戦後の日本で大発生した害虫です。その時には大規模なトコジラミ駆除対策により日本から根絶することができました。しかし、近年の日本への海外観光客が増え、その荷物等に紛れて日本に入ってきたトコジラミが再び日本で繁殖し始めているのです。
トコジラミは害虫の中でも経済的影響を及ぼす経済害虫と呼ばれる部類の害虫で、ホテル等の宿泊施設にとって大きな脅威となる害虫です。そういった施設でトコジラミの被害が発生した場合には被害者からの訴訟等による慰謝料といった経済的損失が発生する可能性があります。また、裁判となるとその施設の信用は失われ今後の経営状況に関しても苦しくなってしまうでしょう。トコジラミはこういった点から経済害虫とされているのです。こういった問題を発生させないためにも一度、トコジラミ駆除業者に依頼してのその存在の有無を点検してもらうことをお勧めします。トコジラミは成虫で5mmから8mmほどの大きさがあり、咬まれると激しい痒みや腫れといった症状が数週間も続くのです。暗い場所を好み、明るいうちはベッドの下やマットの隙間、木材の隙間等に潜みます。日頃からそういった箇所を点検することも大切で、その箇所には血糞と呼ばれる黒い糞が落ちていることがあります。そういった点からトコジラミの存在を感じられた際にはトコジラミ駆除業者をすぐに呼び、適切な駆除を行なってもらう必要があるでしょう。また、トコジラミは薬剤での駆除が有効とされ、日干し等の個人でできる方法での駆除は効果がないので注意が必要です。そういった点から考えて、トコジラミ駆除業者へ早急に依頼することが経済的被害を受けずに済む方法といえるでしょう。